読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

輸入ビジネス開始 IMPORTant Business - Tropico 4

tropico4

前回、トロピコ 4の3番目のミッションが終わりましたので、新しいミッションを始めます。

タイトル

日記のタイトルは、IMPORTant Business (4 番目のミッション)です。IMPORTant の訳がよくわかりませんが、「重要」だと意味がおかしいと思いますので、「輸入」と訳してみました。日記の詳細には、この新しい島は国際的な貿易ルートのすぐ近くにあるので発展できるはずだ、と書いてありました。では、まずはアバターの選択です。

パパ・ドク・デュバリエ

パパ・ドク・デュバリエさんです。ミッション開始時点のステータスは以下のとおりです。

Background: Man Of The People (+20 共産主義者の敬意、-5 宗教家の敬意)

Rise to Power: Bought the Election (民主主義の期待がとても低い、-5 知識人の敬意、選挙の不正がしにくい)

Traits:
 Charismatic (+3 すべてのトロピコの派閥の敬意)
 Compulsive Liar (-5 宗教家の敬意、-5 知識人の敬意、+10 政府支持者の敬意、選挙の約束が効果を及ぼさない)
 Great Schmoozola (-10 アメリカとの関係、-10 ソ連との関係、+10% 知識のない市民の敬意)

ここまで書いて少し気になったことがあります。輸入ビジネスということは工場を作って価値の高い物を生産する必要がありますが、そうすると知識の高い人が必要になるはずです。しかし、知識人の敬意が少し低いため知識人を増やすと反逆者が多くなりそうです。そんなときの軍です。というわけで今回は兵士を増やすことにします。そろそろまじめにアバターを選ばないと辛くなってくるかも。さて、アバターの選択が完了したのでミッションスタートです。

最初のアドバイス: The Contract

キース・プレストン

キース・プレストン
「よう、パートナー。話し合いの条件に応じた契約をしましょう。」

どうやら、利益の 20% をシェアする代わりに、20,000$ と教育済みの人をプレゼントしてくれるみたいです。よう、パートナー、今後も頼むよ。

最初の目標: Customs Office
キース・プレストン
「この島における原料の不足を補うために、輸入品に頼る必要があります。計画の最初のステップは税関を建てることです。」

税関を建てると、30,000$ プレゼントしてくれ、さらに原料の輸入価格が 30% 低くなるように交渉してくれるようです。持つべきものは金のことばかり考えているパートナーだよ。

税関

早速、税関を建てました。これで最初の目標は完了です。
ついでに小学校も建てておきました。

2 番目の目標: Canned Coffee
キース・プレストン
「産業の柱となる建物を建て始める時です、パートナー。缶詰工場を建てましょう。そして、建物のパネル、あるいは年鑑の輸入設定からコーヒーを輸入できるようにしましょう。」

缶コーヒーを 1,000 輸出するのが目標です。達成できたら、20,000$ くれるようです。どんどん儲かります。

缶詰工場

まずは、缶詰工場を建てました。その後、余裕ができたので缶詰工場をもう 1 個建てました。しかし、完了するのはかなり後でした。とりあえず、他の目標を達成していきました。

オプションの目標1: Additional Docks

ペヌルティーモ

ペヌルティーモ
「こんにちは、プレジデンテ! ご存知のとおり、ひとつのドック(港)は、船がこの島に到着する度に、限られた量しか商品を輸入できません。」

ドックを 1 個追加で建てるのが目標です。まだお金が余っているので、この目標をやることにしました。

ドック

新しいドックを追加しました。これで、オプションの目標は完了です。

オプションのイベント1: Corporate Affairs
キース・プレストン
「親切なパートナー。最近私は少し忙しい・・・ 自分の会社でリストラをしていて。」

リストラされた 40 人を受け入れれば、20,000$ プレゼントしてくるみたいです。では、喜んで! そうしたら、島民が就ける職業がないから仕事のできる建物を建ててくれと言われました。それで、建物を建てまくったらお金が残りわずかになりました。

オプションのイベント2: Slackers on Strike
ペヌルティーモ
「怠惰な従業員を大目に見る必要があります。突然のキャリアの変更は彼らのモチベーションに悪影響を与えました。」

コズミック・ピン(高度 600m の回転レストラン)を建てると怠惰な従業員をなだめることができるようです。しかし、20,000$ を払えば問題が解決するようです。そんなわけでコズミック・ピンを建てるのは面倒なので、お金を払いました。そして、お金が 6000 しかない状態になりました。しかし、アメリカとソ連が援助してくれて、お金が 15,000 くらいになりました。しかし、1年経つとまたお金が減ってしまいます。これは危ない。

オプションのイベント3: The Rerun of the Slackers
ペヌルティーモ
「プレジデンテ、怠惰で何の役にも立たない人々は島のよい生活に慣れてきました。そして今、ぜいたくな家を要求しています。」

マンションを少なくとも 5 個建てるか、ランダムに 5 人逮捕することで解決できるようです。お金がないので、マンションは建てられません。逮捕するしかないですね。どうやら逮捕すると、島民の生産力が低下するようです。さらに、すべての派閥の敬意が -5 になるようです。ランダムに逮捕と言いましたが、私が誰を逮捕するか決めました。妊婦さんを選んでしまったら歩く速度が遅くて刑務所に入るまでかなり時間がかかりました。

そんなことをしていると、選挙の時期になりました。自分 95 票、相手 36 票で勝利です。1 回目で失敗することは滅多にないのかな?そしてしばらく様子を見たら、缶コーヒーを 1,000 輸出できました。これで 2 番目の目標は完了です。20,000$ もらえたので、ぎりぎりの生活から解放されました。

3 番目の目標: Develop the Industry
キース・プレストン
「プロジェクト進行の速さに満足していません、パートナー。時は金なり。そして、時は十分な金を持っていません。」

8 年以内に、商品を輸出して100,000$ 稼ぐ必要があるようです。それができたら 30,000$ プレゼントしてくれるようです。さて、これは難しそうです。

オプションのイベント4: More Teamsters
キース・プレストン
「運送会社はすべての産業の基礎です、パートナー。彼らは重いものを運んでくれますので、あなたは運ばなくていいです。」

2 個目の運送会社を建てることが目標のようです。達成すると 10,000$ もらえます。

運送会社

これは簡単でした。安いし、建てる時間もかからなかったです。

その後、ドックのメニューをよく見たら、輸入量を増やせるようになっていました。赤字になると怖いので、毎年少しずつ輸入量を増やしていきました。そうしていると、黒字になったので葉巻工場とラム酒蒸留所を建てました。

葉巻工場
葉巻工場

ラム酒蒸留所
ラム酒蒸留所

さらに、しばらく様子を見ていると、商品輸出で 100,000$ 稼げました。3 番目の目標が完了です。また、2番目の目標(缶コーヒーを 1,000 輸出する)も完了しました。

今回は、ここまでにします。次回は 4 番目の目標から始めます。