読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペットのオオハシがいなくなった - The Blind Revolution - Tropico 4

前回、12番目のミッションが終わりましたので、今回は新しいミッションを始めます。
タイトル
日記のタイトルはThe Blind Revolutionです。

誰かがマルコ・モレノを利用して、なぜか私がアメリカ大統領を暗殺したことにさせたんですよね。しかし、仲間としてならモレノは役立つので奴を改心させ仲間にするのが目標です。

まずはアバターの選択です。
イザベラ・ジョランド

イザベラ・ジョランドさんです。ステータスは以下のとおりです。

Background: Biblical Scholar(+10 宗教的派閥の敬意、+5 知識人の派閥の敬意、+10% 教育とスキル訓練の速度、-15% 犯罪発生率)

Rise to Power: Elected for Family Values(民主主義の期待度が高い、+15 宗教的派閥の敬意、+20% 自由度、+10% 観光評価)

Traits:
 Charismatic(+5 全ての派閥の敬意)
 Religious Zealot(+10 宗教的派閥の敬意、+20中東との関係、+50% 住民が教会に行く頻度)
 Coward(+3 宗教的派閥の敬意、兵士と支持者の敵前逃亡しやすくなる、アバターが戦闘で逃走しやすくなる)

マルコ・モレノ相手に敵前逃亡だって? これは難しくなりそうです。アバターの選択が終わりましたのでゲーム開始です。

目標1: El Toucan Is Nowhere To Be Found
私のペットのオオハシがいなくなってしまったそうです。新聞でトロピコの政府支持者たちにペットを見つけるように呼びかけるため、新聞を建てるのが目標です。

黒字化してから新聞を建てました。
新聞

これで目標1が完了です。

イベント: The US ornithology Society Sends Aid
アメリカは原子力発電所に対する反対提案で国庫に30,000ドルをくれるそうです。お金をもらわないのであれば、二束三文で原子力発電所を建てられます。よくわからないのですが、アメリカが援助してくれるみたいです。

目標2: Have You Asked The Smart Guys?
知識人たちはラジオを使って鳥を見かけなかったか呼びかけると良いといっています。ラジオ局を建てるのが目標です。

目標3: Raw Power
国粋主義が真に独立するためには電力が必要だと言っています。100MWの電気をつくるのが目標です。
原子力発電所

早速、原子力発電所を建てました。これで目標3が完了です。

イベント:Tropico is Powerful
電気を輸出してお金に変えます。そのお金を国庫に入れるかスイス銀行の私の口座に入れるか選択できます。お金はたくさんあるのでスイス銀行に送っておきました。

次にラジオ局を建てました。
ラジオ局

これで目標2が完了です。

イベント:People More Angry Than Birds!
共産主義の代表であるバスケス同志が怒っています。鳥を探すのに熱心だが、島民の幸せの向上には努力していないと言っています。あまり怒らせるのもまずいので、スポーツ施設を建てることにしました。

目標4:El Toucan Held in Captivity
マルコ・モレノから連絡が入りました。オオハシを捕らえているそうです。40,000ドル払うか戦うかする必要があるようです。まずは、友好的に接触してみましょう。40,000ドルどうぞ、モレノ殿。

目標5:Wise Choice
バスケス同志が最初のゲームはいつ開催されるのかと質問しています。スポーツ施設を建てるのが目標です。

イベント:Friend or Foe
マルコ・モレノが鳥を返してくれました。私のことを圧制者でない、そして解放者であり、世界の革命家であると考えているようです。それを証明して欲しいそうです。私とモレノの関係を改善したいようです。本当は圧制者であり征服者なんですが、したてに出てみましょう。モレノ! 私は解放者であり、世界の革命家ですよ。反逆者という私の友達は私が面倒を見ますよ。

今回はここまでにします。次回は目標5の続きから始めます。

広告を非表示にする