トロピコ4の評価(レビュー) キャンペーンのすべてをやってみて思いついた攻略方法 Tropico 4

トロピコ4の評価と攻略方法について書いておく。

トロピコ4は街づくりゲームだ。島民の要望を取り入れながら、街を開発していくところが特徴だ。

建物の建設指示を出して少しの間待っているとやがて新しい建物が建つ。

これを繰り返しながら、住居、健康施設や福祉施設、娯楽施設、食料や産業の生産施設などを建てて、島民をより幸せにしていくのだ。また、建設にはお金がかかるので、お金を稼ぐ必要もある。お金さえあれば、いろいろな施設を建てられる。Banished のように木を切り倒して木材を集めて家を建てるというような面倒なことはない。お金があれば施設を建てられるのだ。施設は1軒ずつ手動で建設指示を出して建てる必要がある。人口も私が遊んだ限りでは千人を超えることはなかった。だから、どちらかというと小規模な街づくりゲームと考えた方が良さそうだ(ただし1ゲームにかなりの時間を費やす)。ちなみに私はSteam版を遊んだ。

自由な街づくりを楽しみたいならサンドボックスというゲームモードがあるので、そこで楽しむのが良さそうだ。ゲームの難易度やマップ、その他の細かい条件を設定してからゲームを始められるので自分の好みに応じて設定を変えてみるといいだろう。

一方、キャンペーンというゲームモードは、次々と発生する課題を解決していくミッションになっており、全部で20ミッションある。始めの方のミッションは初心者向けになっていて、後の方のミッションは難しくなってくる。課題をこなす間に、島民の政治絡みの要望にも応えて、施設を建てたり布告を出したりしなければならない(ときには人を逮捕する必要もあるかもしれない)。もちろん、やりたくなければ要望を無視することもできる。しかし、可能であれば島民の要望には応えておくことをおすすめする。島民はそれぞれ、いくつかの政治の派閥に属しており、政治絡みの要望に応えることで、彼らの敬意を上げることができる。数年に1度の頻度で大統領選挙があり、負けるとゲームオーバーとなってしまうので、島民の敬意を上げておくといいだろう。この、ミッションで次々と発生する課題や島民の要望をこなしていくという街づくりゲームは私はやったことがなかったので、とても新鮮に感じた。

実は大統領選挙が嫌なら選挙をしないように布告を出すこともできる。しかし、そんなことをすると反逆者が増えるだろう。そして、大統領の住まいである宮殿を反逆者に落とされてもゲームオーバーになってしまう。そこで兵士をたくさん雇って軍事政権にしてしまえば、国内に関しては安泰になる。

しかしまだ安心はできない。海外との関係も重要なのだ。お金を増やす手段が、主にアメリカとソ連からの支援金、もしくは海外との貿易だからだ。海外との関係が悪化すると貿易できなくなるので要注意だ。また、島を観光地にする方法もあるが、海外との関係が悪化しすぎると、侵略されてしまうらしい(幸運にも私はその経験はない)。海外の要望にも応えていこう。

欠点も書いておく。建物の建設メニューが使いにくかった。特に娯楽施設や観光の施設が似ていて、分類があやふやだった。そのために、目的の建物を見つけるのが少し大変だった。まあ、メニューの全部を見れば見つかるのだが。

また、島民の要望にしたがってゲームを進めていくと、あらかじめ計画していたような街にはならなくなる可能性も十分にある。その辺りについては折り合いをつけていくか、島民の反発を無視して自分の計画通りに街を作るか選択する必要がある。この点については最初のうちは欠点に感じられるかもしれないが、腕が上達していくにつれて心地よい課題に変わっていくので、それほど危険視しなくてもいいかもしれない。

キャンペーンのミッションは20個あったが、すべてをやるには建物の種類が少ないように感じた。主に工場をたくさん建てて貿易で儲ける島にするか、観光地にするかの2択であり、ある程度慣れてくると、2,3回ミッション中に、工場全種類か、もしくは娯楽施設全種類を建てられるようになってしまう。しかし、ミッションが始まる度に毎回、最初からの街づくりになるので、途中で飽きてしまった。

それなら、早期ミッションクリアをしてしまって、早くキャンペーンを終わらせればいいかと思うだろうが、この早期ミッションクリアが難しい。これを目指すと資金難との戦いになる。そして、ミッション中に思いがけない課題がくると、すぐに詰んでしまう。だから難易度を上げたいなら挑戦するのもありかもしれない。私には無理だったので、20個のキャンペーンをすべて終わらせるまでに、200時間以上かかってしまった。逆に言うと攻略方法は移民を少しずつ受け入れて行くことだ。こうすると長期戦にはなるが、島民に常に失業者が出ないようにしていけば、多くの場合うまくいく。

また、早期ミッションクリアを目指す場合は、何度かミッションをやっていく間に気づくのだが、このゲームは1ミッション中に建設できる建物の数があまり多くない。そのために、いかに必要な建物を建てていくかというのが、大事になっていく。そのため、刑務所の隣にレストランが建ったりと不可思議な配置になっていく。

その他に注意する点としては、島民を長距離歩かせないようにすることだ。このゲームは島民の歩く速度がとにかく遅い。そういうわけで車に乗るための施設をたくさん作っておこう。そして渋滞しすぎると島民は車を降りてしまうので、極力渋滞が起きないように街の道路を敷設していこう。

キャンペーンをすべてやるとかなり満足した気分になれる。しかし、まだ満足できない人はダウンロードコンテンツを買ってみるのもいいだろう。

トロピコ4は島民の要望に応えながら課題をこなしていくゲームだ。そして独裁とはどういうことなのかを教えてくれるゲームだ。島民が一生懸命農地を耕しているのを見るのは楽しいし、賄賂を送って島民と仲良くなるのも魅力的だ。あの派閥が気に入らないなら、要望を無視してやるのも独裁者の当然の権利だ。課題の内容も笑えるし、遊びとはこういうものだと教えてくれた。トロピコカリブ海のパラダイスだ。