牧場物語 3つの里の大切な友だちの評価(レビュー)

牧場物語 3つの里の大切な友だちは、ほのぼの生活シミュレーターだ。

このシミュレーターを遊んでみましたので評価(レビュー)を書きます。私は牧場物語シリーズは初めてなので、その点はご容赦ください。

評価(レビュー)(前置き)

このシミュレーターは、農作物を育てたり、ウシなどの動物の世話をしたりしながら、3つの里の住民と穏やかなやり取りを楽しむものです。

すべての住民に1個以上の専用イベントが用意されており、それを見るだけでも心が明るくなります。

私は、シミュレーター内の夜、寝る前にセーブして、次の日に行う行動を、(現実の)紙に書き出して納得するまで考えてから次の日に進む、ということをやりましたが、シミュレーターを中断して考える時間が多くなりました。これはこれで楽しいです。

人によっては、スケジューリングせずに遊ぶ人もいるかと思います。

遊ぶ人の性格によって遊び方が変わってくるのです。このような遊び方に柔軟に対応してくれるシミュレーターなのですばらしいです。

農作物やウシのミルクなどには、「品質」があります。シミュレーター開始時には店売りの種などを買いますが、この種からできる作物の品質は低いです。1日の行動で何をするかにもよりますが、この品質を上昇させるのも、ひとつの楽しみとなっています。

作物祭など、品質を競うイベントもありますので、時間が許すならば、ぜひとも品質を上昇させましょう。

異性との会話イベントも楽しみのひとつです。魅力的な人物が何人もいますので、どの人と付き合うか、そして結婚するかなど、考えるだけで楽しくなってきます。服を作ることもでき、相手の気に入った服なら、ほめてくれたりするので機会があれば服も作ってみましょう。

3DSの機能のひとつに「通信」がありますが、このシミュレーターでも通信を使うことができます。相手と話しをしたり、一緒に釣りをしたり、アイテムの交換をしたりすることができます。楽しみは広がっていくということですね。

1人でも楽しめるし、複数の人と一緒に遊んでも楽しい。時代は今、こういうシミュレーターを望んでいるように思えます。

買おうか止めようか悩んでいるなら、このシミュレーターは買いだと思いますよ・・・

と断言するのは危険だ。

挨拶をやめる勇気

このシミュレーター、1日の間でやるべきことが多すぎる。

そのため、社畜のように毎日制限時間ギリギリまで働かなければならないのだ。

3つの里の住民と挨拶することも仕事のひとつだが、現時点のネット上の一部では、「挨拶をサボると住民の好感度が下がる」と噂されている。検証報告がないので、今はこの噂を信じるしかない

挨拶しなくても文句を言われるだけで好感度は下がらないようだ。

毎日必死に走り回って挨拶をしていると、モリヤから「今日もせわしなく走り回っているようだが、転ばないように気をつけたまえよ。」と言われたり、他の住人からもいろいろ言われたりする。本当は走りたくないんだけど、好感度のためにがんばっているんだ。住民の言葉を聞くと少し虚しくなる。

また、他にもシミュレーターを進めるならやるべきことはたくさんあり、これを毎日すべて遂行すると、楽しんでいるはずが、だんだんと辛くなってくる。

しかし、諦めたら負けのような気がするのでがんばる。

そして、どんどんモチベーションが摩耗していく。

やがて、つまらないと感じるようになり、最後に負けを認めることになる。

それで、私は1か月間、このシミュレーターを放置して、このシミュレーターの正しい遊び方を考えた。

結論は以下のとおりである。

結論
正しい遊び方は、目標を十分に考え決定し、目標に不必要な作業を排除することである。

なぜなら、このシミュレーターはやりたいことだらけだが、すべてを同時に行うことは時間上不可能だからである。そして、本当にやりたいことだけに集中することによって、楽しみも集中的に増やすことができるからである。

このシミュレーターの目標は人それぞれ決めればよいと思う。

f:id:NiagaraPudding:20161105171956j:plain

上の画像は牧場物語 3つの里の大切な友達、公式ホームページに掲載されている一部である。この画像のとおり、ジャンルはほのぼの生活ゲームとなっている。だから、私の場合は「ほのぼの生活」を演じることが大切だと考えた。このために不必要な作業は排除したい。

できるだけ少なくしたい作業
・水やり
・肥料まき
・動物とのふれあい
・動物へのエサやり
・副産物収集
・釣り
・魚とりかごの中身の収集
・落ちている物の収集
・料理
・鉱石掘り
・真珠の収集
・広葉樹の植林伐採
・石板の謎解き
・買い物
・アルバイ
・メーカーの使用
・服の作成
・住民への挨拶

ときどきやる作業
・住民へのプレゼント
・住民への手紙送付
・いっしょにごはん

あると良いファームサークル
・住民と仲良くなりやすくなるコンボ

必要な作業
・「ほのぼの生活」を演じること

挨拶しないことで住民の友好度が下がるかもしれない。だが、ほのぼの生活できれば良いではないか?

嫌だ! 町コミュランクをSにしたい! そのために住民の友好度を上げたい。という人もいるだろう。

それならば、祭りや誕生日プレゼントをうまく使おう。誕生日でなくとも住民の好きなものをプレゼントすれば友好度は上がる。挨拶も必要かもしれないが、久しぶりに挨拶して友好度を下げるくらいなら、挨拶しない方が安全だ。

「通信」はどうなの? という疑問があると思う。先日、「ニンテンドー3DSステーション」に行ってきた。2人とすれ違うことができた・・・ これじゃあまりにも少ない。すれ違い通信はどうやら役に立たないようだ(フレンドコードを交換しているならもっと通信を役立てることはできる)。

本当にやりたいことを最優先する

このシミュレーターをこれから買おうと思っているあなたは社畜化しないように、まずこのゲームが本当に楽しめるかどうか、一度よく調査してほしい。

ゲームレビューなどで、長時間遊んだ人のレビューが参考になると思う。シミュレーター内で毎日寝て、シミュレーター内での数年間を現実世界での数時間で終えている人もいるので、本当に長時間遊んでいるかどうか、よく確認しよう。

このシミュレーターの最終ゴールは一応ある。それはすべての作物、副産物、魚などを最高品質にしてゲットし、作物祭などで優勝して全種類の作物などの評価を最大にして、それからすべてのトロフィーを取得することである。

しかし、これはレベル99で魔王を倒した勇者に、ご褒美としてレベル9999までレベル上げを楽しめるぞと教えてくれるようなRPGと同じくらい「つまらない」ものである。

また、このシミュレーターを遊んでいる真っ最中であり、燃え尽きてしまいそうなあなたは、このシミュレーターにおける、あなたの目標が何かを今一度考えてみてほしい。

目標を決め、それに集中すること。本当にやりたいことを最優先していこう。

攻略本も数冊発売されているので、立ち読みできるのならゲームを始める前にあらかじめどんなゲームなのか調べておきたい。情報量が多い本がおすすめだ(「究極」とか「パーフェクト」と名前のついた本だ)。

ちなみに、インターネット上に攻略用 「wiki」 という言葉のついたタイトルのサイトがあるので、そちらを見ても良いだろう(石板についてはネタバレOKなら wiki だけで十分だ)。「とうがらし」の種の入手方法や「タイム」の入手時期に戸惑うことがあるので、そこはあらかじめ調べることをおすすめする。

また、たまたま運よくイベントを見るということもあるのだが、基本的にイベントは「狙って」起こす必要がある。

ウェインと結婚したいという人も多いので、恋愛イベントをあらかじめ見ておくのも場合によっては「あり」だと思う。

さて、その後、1ヵ月半かけて町コミュランクをオールSまで上げた。

f:id:NiagaraPudding:20161105171957j:plain

そして結婚もした。

今やっていることは、

起床、結婚相手と朝ごはん
農作物に肥料を与える、水やり
牧場でウシのミルクや羊の毛などを得る
ときどき里を周って、落ちもの拾い、必需品の買い足し、モリヤに挨拶など

くらいだ。昼の12時にはもう寝て次の日に飛ばしている。

ちなみにモリヤに挨拶をするとときどき鉱石を売ってくれるのだが、ごく稀に特別な鉱石である「賢者の石」を売ってくれる。モリヤの挨拶は重要だ。

さて、ここまでやってきて私が思ったことがある。

「ほのぼの生活シミュレーター」というのはだんだんムリになっていく、ということだ。

行き着く先は、「周回シミュレーター」である。

牧場物語は周回シミュレーターである

話は変わるが、最近よく耳にする「オンラインゲーム」

このオンライゲームの一部のゲームにも、周回はある。

minticecream.hatenablog.com

ここの著者様は終わりを考えてはいけないと仰っている。また、意味のあるなしは考えてはいけないとも書いていらっしゃる。

このシミュレーターを続けるならば、確かに、その方が「安全」だという気がする。

牧場物語の私にとってのゴールはどこなのか、ゲーム内で3年目の夏になっても未だにまったく分からないし、「品質」を全種類あげることって意味があるのだろうか? と考えるとゲームをやる気が失せてしまいます。

このゲームはオンラインゲームではありませんので、上記ブログがそのまま役に立つとは限らない。

しかし、我々は「ディスガイア」というゲームを体験したことがあるはずだ。

このゲームはレベル上限を限りなく高くし、武器防具も強化し放題という、まさに夢のようなゲームとして発売された。おかげさまで、私も千数百時間、このゲームにハマった。アイテム界に何度も入っては強敵と戦った。

しかし、レベル1から少しずつ育てているキャラクター(盗賊だったかな?)がレベル4000を超えたときに、「このキャラクターをレベル9999にするのに後どのくらい時間がかかるんだろう」と思い始めた。そして、このゲームをやる「意味」を考えてしまった。

ゲームクリアしたらうれしいのかな?

ただ、この苦しみから解放されるだけなんじゃないかな?

そもそもこのゲームってゲームクリアがないよね?

今、落ち着いて考えてみると、ディスガイアはゲームじゃなくて周回シミュレーターであることがわかってきました。

操作するプレイヤーを「RPG」という名の回し車に閉じ込めて、プレイヤーが飽きるまでに何時間周回プレイを遊び続けられるか、ゲームユーザーが挑戦するゲームであり、最後には力尽きてリタイアするしかない。私はディスガイア1でバーンアウトしてしまって、ディスガイア2で数百時間しか遊べなかった。でも、誤解がないように言うけど、私はこのゲームは好きだ。こんなぶっ飛んだゲームを作ってくれたゲーム会社様にも感謝している。しかし、もうこのゲームは卒業した。

終わりがないゲームはゲームでないという話もあるが、それはこちらで。

ゲームでないもの

ディスガイア」を経験したことがない方は「ファイアーエムブレム」というゲームを知っているかもしれませんね。

このゲームには「ファイアーエムブレムを一生楽しむ本」という攻略本があった。試しにググってみてください。見つかると思う。

このゲームはエンディングはあるのだが、エンディングを見た後で、また最初からやり直す。これを繰り返せば、理論上は一生遊べる。

それで、今でもこのゲームを毎日遊び続けている人ってどのくらいいるだろう? 少なくとも私の周りにはいない。

やはり周回をするにはコツが要るようだ。

先ほどの著者様の別のエントリー記事ですが、飽きを超越すると「 感情の0時間 」という境地に達することができるそうだ。

さて、前置きが長くなってしまったが、牧場物語の話だ。

その後、やったことは、

起床、結婚相手と会話して朝ごはん
農作物に肥料を与える、水やり
牧場でウシのミルクや羊の毛などを得る
ときどき里を周って、落ちもの拾い、必需品の買い足し、モリヤに挨拶など
(たまに住民と話すと「もっと住民と仲良くしなさい」と怒られる。)

これだけだ。毎日、同じことを繰り返すだけだ。これは周回作業だ。

結婚相手との会話も同じ会話しかしてくれない。農作物の世話は、あまりにも朝の時間が暇なのでやっている。牧場では貴重なアイテムである「極」と呼ばれる特別な副産物(ミルクなど)を集めている。しかし、牧場の動物の世話がなくなれば、すごく楽になる。愛情を込めたドナドナも検討中だ(少し下の方になるが、そこの文章でその後について書かれている)。

この周回作業だが、オンラインゲームのインスタンスダンジョン周回や、ディスガイアのアイテム界の周回を思い出させてくれる。ファイアーエムブレムを何度もゲームクリアすることも思い出させてくれる。

これらに共通していることは、「この苦行からの解放されたい!」という思いだ。

さて、この周回シミュレーターを続けますか? 諦めますか?

それとも、「 感情の0時間 」を目指しますか?

minticecream.hatenablog.com

私は問われた。

牧場物語は時間引き延ばしゲームである

そしてその後、ゲームに費やす時間が多すぎて、かなり飽きてきたので(飽きるというのは時間引き延ばしゲームだからだ)、ついにゲームを終わらす方向になった。

まず、今作れる服をすべて作り、その後、動物をすべて売った。そして、農作物は枯らした。ペットはイベントを見るために必要なので売らずに、エサやりだけは続けた。

そして、毎日起きたらすぐに寝て、日にちを進めた。

そうすると出産イベントが起きて赤ちゃんが生まれた(出産にはキングベッドが必要だ)。赤ちゃんは毎日寝ている。子供の成長の条件はとにかく日にちを進めることだ。

起きたらすぐに寝る生活を続けると、赤ちゃんがハイハイしだした。

また日にちを進めると、子供に成長した。その後、たまにごはんを作ったりした。また、毎日こどもにホットケーキのプレゼントをあげた。

また起きたらすぐに寝て、日にちをどんどん進めていった。そうすると、イベントを見ることができて、私の牧場物語は終わった。(2カ所のニンテンドー3DSステーションに行ってきた。これで誰かが私のデータを受け取ってくれれば私は満足だ・・・)

ちなみに、ピクニックというのがあるという噂があるのだが私はそのイベントは見られなかった。

おわりに

このゲームは、エンディングを見終わった後に、時間引き延ばしゲームと化す。やりこみが好きな人にとっては(少なくとも私ではないが)、もしかするとこの時間引き延ばし作業ゲームが楽しいかもしれない。

しかし、最近いそがしいと思っているあなたは、あまりこのゲームに時間を割きすぎない方が安全だ。

エンディングは数種類あるからそれらすべてを見たら、素直にゲームクリアを宣言しよう。その方が、このゲームのすばらしい体験だけを味わうことができるだろう。

それではみなさま、楽しいほのぼの生活、楽しい牧場ライフを!

広告を非表示にする