読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Factorio サイエンスパック作成の自動化

前回、サイエンスパック2を手動で作りました。これを今回は組み立て機で作ります。

ステージは前回と同じです。

f:id:NiagaraPudding:20170114231131j:plain

では、スタート!

まず、さっそく話がズレますが、壊れかけている部分の修理方法がわかりました。

リペアキットを作り、これを選択したまま、壊れかけた箇所をクリック(長押し)します。

f:id:NiagaraPudding:20170114231148j:plain

すると、修理が完了します。壊れかけた場所のすべてをこの通りにクリック(長押し)していけば修理完了です。

さて話を戻して、「組み立て機」を用いて自動的にサイエンスパックを作る場合(その他の製作物もそうですが)、手動のように途中の製作物(中間生産物)を作ってくれません。

中間生産物も組み立て機で作る必要があります。

それなので組み立て機を作りました。

f:id:NiagaraPudding:20170114231257j:plain

ここは、スタート地点から南(下)方向に進んだ場所です。便宜上、ここを鉄鉱石採掘場と呼びます。

鉄鉱石が掘れます。この鉄鉱石を石の炉に入れて鉄板を作ります。

画像の左上の部分では、組み立て機が鉄板から鉄の歯車を作っています。

画像の右上の部分では、組み立て機が鉄板と銅線(見えていませんが組み立て機の右に銅線があります)から電子基板を作っています。

まずはサイエンスパック1を作ります。材料は銅板と鉄の歯車です。

鉄鉱石採掘場から左上に進んだ場所です。

f:id:NiagaraPudding:20170114231348j:plain

銅板と鉄の歯車を組み立て機に入れて、サイエンスパック1を生産しています。サイエンスパック1はロングインサータで銅板より上の搬送ベルトに置きます。

これでサイエンスパック1を自動的に作れるようになりました。

次は、サイエンスパック2です。まずは、この材料を作ります。

鉄鉱石採掘場から右上に進んだ場所です。便宜上、ここをインサータ生産場と呼びます。

画像の上部では、鉄板と鉄の歯車から「搬送ベルト」を作っています。(「搬送ベルト」を搬送ベルトに載せています。わかりにくいですね。)

f:id:NiagaraPudding:20170114231403j:plain

画像の下部では、電子基板を搬送ベルトに載せ(乗せ?)一旦地下を潜り再び地上に出て、それから新しい組み立て機に入ります。

そして画像の中央部分で、電子基板、鉄の歯車、鉄板の3個からインサータを作り、画面の右の搬送ベルトへ載せています。

搬送・・・はっとりはんぞう・・・忍者ハットリくん・・・サッカーで3点入れたら、忍者はっととりっくん!

吉井和哉さんが登場してきたら「こんなブログですみません」と誤ってください(コ

「こんなブログ」ってどういうこと・・・?

さて、ここまでくれば、あともう少しです。サイエンスパック2の材料はインサータと搬送ベルトです。

インサータ生産場から右に進んだ場所です。

f:id:NiagaraPudding:20170114231424j:plain

インサータと搬送ベルトを組み立て機に入れてサイエンスパック2を生産しています。

サイエンスパック2はロングインサータで、インサータの右隣にある搬送ベルトに載せます。

そして最後にサイエンスパック2を鉄製チェストに入れています。

サイエンスパック1と2を自動的に研究所に入れられればもっと良かったです。今後の課題ですね。

この後、自動車を作れました。これでこのステージは完了です。

次回は新しいステージに進みます。

広告を非表示にする