読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Factorio 鉄道輸送の研究に向けて

今回は「新たなる希望」のレベル2を始めます。
f:id:NiagaraPudding:20170117173503j:plain

最初の画面でレベル2を選択して、いざスタート!

レベル1で車を作ったので、遠路はるばる、助けを求めていた場所までやってきました。しかし仲間は咀嚼者の襲撃により全滅してしまったようです。

主人公さんは「くそっ!」と言っています。「くそ」と嘆く日本人はそれなりにいますけれど、「んこ」と叫ぶ日本人は少ないですね。キリトなら叫んでくれるかも?

キリトさんをそんなキャラと認識しているあなたが叫びなさい (コ

キリトさんごめんなさい。なんだかんだでキリトさん、ハーレム作ってるよね。

さて、咀嚼者によって、この付近の施設が壊されてしまったようです。急いで壊れた箇所を修復する必要があります。

また、この拠点だけでは資源が少ないです。壊れた鉄道を整備し直せば、北西と南東の鉱山からも資源が手に入りそうです。

(脳内の)コンピュータさんから、最初の目標が示されました。

目標
拠点を修復し、鉄道輸送の自動化を研究しましょう。
f:id:NiagaraPudding:20170117173533j:plain

研究の道のりは長いです。何を研究するべきか、確認します。まずはいろいろ研究し、その後、鉄道の研究をします。
f:id:NiagaraPudding:20170117173557j:plain

鉄道の研究が完了すれば、直線レールを敷けるようになります。
f:id:NiagaraPudding:20170117173628j:plain

また、ディーゼル機関車が作れるようになります。
f:id:NiagaraPudding:20170117173641j:plain

そして、鉄道輸送の自動化を研究します。
f:id:NiagaraPudding:20170117173650j:plain

鉄道も自動化できるのですね。夢が膨らみます。
f:id:NiagaraPudding:20170117173727j:plain

鉄道輸送の自動化の研究が完了すれば、駅が作れるようになります。
f:id:NiagaraPudding:20170117173736j:plain

また、貨物車両も作れるようになります。
f:id:NiagaraPudding:20170117173746j:plain

これで研究については把握できましたので、実際に研究を進めていきます。

施設は壊れている箇所もありますが、生き残っている箇所もあります。これを有効的に活用します。

ゲーム開始地点の南部に小さな銅鉱山があります。
f:id:NiagaraPudding:20170117173757j:plain

電柱を立てて、(後で画像を表示しますが)北西部にある水力発電所とソーラーパネルから、電力をここまで持ってきます。すると、電動掘削機が動き出して銅を掘り、すぐ左にある搬送ベルトに銅を載せます。

なぜかは分かりませんが搬送ベルトは燃料いらず、電力いらずで動きます。

搬送ベルトで銅はゲーム開始地点の中央部に運ばれます。画像を撮るタイミングが悪くて銅板が見えませんが、ここの下部分に設置してある鋼鉄の炉に銅が入り、銅板が出来上がります。
f:id:NiagaraPudding:20170117173813j:plain

しかし、下部にある鋼鉄の炉は鉄を鉄板にして、画像の下の部分の搬送ベルトに載せてしまっています。できれば、ここには銅板だけを載せたいです。今後の課題です。

さて、ゲーム開始地点中央部には、銅のほかにも、鉄と石炭が運ばれてきています。

ゲーム開始地点中央部より少し北側に石炭がたくさんありますので、ここから石炭がゲーム開始地点中央部とゲーム開始地点北東部に運ばれています。ここを便宜上、石炭採掘場と呼びます。

f:id:NiagaraPudding:20170117173831j:plain

上の画像は石炭がゲーム開始地点中央部に運ばれているところの画像です。この搬送ベルトには鉄も一緒に運ばれています。

ここより少し北部に小さな鉄鉱山があり、電動掘削機で掘られた鉄は搬送ベルトで運ばれ石炭用の搬送ベルトに合流しています。
f:id:NiagaraPudding:20170117174150j:plain

さて、電動掘削機を動かしている電力の発生源はどうなっているかというと・・・

ゲーム開始地点北東部に石炭が運ばれ、ボイラーで石炭が使われます。

f:id:NiagaraPudding:20170117174203j:plain

上の画像の左にあるポンプで水を汲み上げて、水は地下のパイプを流れ画像の右の部分へ行き、そこで水は地上に出てボイラーで温められます。
f:id:NiagaraPudding:20170117174216j:plain

そして、高温の湯は再度地下に潜って上の画像の右の部分で地上に出て蒸気機関の中に入ります。そして蒸気機関は高温の湯(蒸気?)で発電します。
f:id:NiagaraPudding:20170117174242j:plain

上の画像のようにソーラーパネルもあります。

説明に時間が掛かってしまいましたが、これから研究に必要なサイエンスパックを作ります。

まずはゲーム開始地点中央部の上部にある鋼鉄の炉から作られる鉄板から鉄の歯車を作るようにしました。今回は、木製チェストや鉄製チェストを多めに設置していきます。
f:id:NiagaraPudding:20170117174303j:plain

組み立て機の隣にチェストを置いて、その中に材料をあらかじめ入れておき、組み立て機がその材料を使って自動的にサイエンスパックなどを作れるようにします。

材料を入れる方法はどうするのですか? (コ

えっ。主人公が歩いて材料を取って、組み立て機の隣のチェストまで歩いてチェストに材料を入れるよ。

それは「自動的」とは言いません (コ

コンピュータさん、「半自動的」ということでひとつ・・・?

ひとつもふたつもありません (コ

f:id:NiagaraPudding:20170117174329j:plain

鉄の歯車を組み立て機に入れ、また、銅板を手動で組み立て機に入れます。材料はまとめて入れることができるので、できるだけ多めに入れておきます(入れられる上限はあります)。

サイエンスパック1がこれで作れるようになりました。研究については地味なので、大幅に省略します。ご容赦ください。

次回はサイエンスパック2を作ります。研究が終わったら鉄道輸送をやります。

広告を非表示にする