Cities Skylines Mod 2 Track Elevated Station With Pedestrian deck の使い方

Cities Skylines のアセットである 2 Track Elevated Station With Pedestrian deck の使い方を説明します。

1.このアセットを導入する前に、Mod である Extra Train Station Tracks ( ETST ) を導入します。

Mod を導入する前にセーブデータをバックアップしておきましょう(超重要です!)。バックアップの仕方はこちらを参照してください。

Extra Train Station Tracks ( ETST ) の導入方法はこちらを参照してください。

Extra Train Station Tracks ( ETST ) を導入できたら、2 Track Elevated Station With Pedestrian deck を導入します。


2.2 Track Elevated Station With Pedestrian deck の導入の仕方

2-1.以下から Steam にログインします。
Steamへのログイン

2-2.右上に「ログイン」の文字がありますので、そこをクリックします。

2-3.以下から 2 Track Elevated Station With Pedestrian deck をサブスクライブします。
Steamワークショップへのリンク

サブスクライブのボタンをクリックします。
f:id:NiagaraPudding:20170208201511j:plain
続行のボタンをクリックします。
f:id:NiagaraPudding:20170208201518j:plain
するとサブスクライブ中になります。
f:id:NiagaraPudding:20170208201525j:plain
3.Mod の適用の確認をします。

3-1.ゲームを起動してコンテンツマネージャーを選択します。
f:id:NiagaraPudding:20170208201545j:plain
3-2.左のツリーからASSETSを選択し、2 Track Elevated Station With Pedestrian deck がオンになっていることを確認します。
f:id:NiagaraPudding:20170208201557j:plain

オンになっていない場合は、On / Off の四角をクリックします。そして、"I understand" をクリックします。すると、オンになります。

4.はじめの画面に戻りロードを選択し、セーブファイルを選択してをロードします(もしくは New Game を選択してゲームを始めます)。

5.2 Track Elevated Station With Pedestrian deck の使い方

道路をものすごく短く敷きます。
f:id:NiagaraPudding:20170208201618j:plain

道路ができあがります。
f:id:NiagaraPudding:20170208201625j:plain

そうしたら、電車のマークをクリックします。
f:id:NiagaraPudding:20170208201633j:plain

はじめはバスのタブになっていますが、ここではなく、
f:id:NiagaraPudding:20170208201643j:plain

電車のタブをクリックします。
f:id:NiagaraPudding:20170208201649j:plain

そして、下に表示される 駅(2 Track Elevated Station With Pedestrian deck)をクリックします(他にアセットを導入していない場合は一番右に表示されます)。
f:id:NiagaraPudding:20170208201659j:plain

それができたら、先ほど敷いた道路に横付けします(平行になるようにくっつけます)。横の位置ですが、駅(2 Track Elevated Station With Pedestrian deck)の真ん中と道路の真ん中が同じ位置になるようにしてください。
f:id:NiagaraPudding:20170208201712j:plain

この状態でマウスをクリックすると、駅(2 Track Elevated Station With Pedestrian deck)を置くことができます。
f:id:NiagaraPudding:20170208201721j:plain

その後は、自由に街づくりを楽しみましょう。
f:id:NiagaraPudding:20170208201733j:plain

駅の置き場所が間違っていたり、最初に敷く道路が長すぎたりすると、"Space already occupied" とエラーが表示されますので気を付けましょう。

広告を非表示にする