Factorio プロパンガスの流れを2つに分けました

f:id:NiagaraPudding:20170503222044j:plain
前回は、重油を軽油に分解して、軽油をプロパンガスに分解しました。これにより、プロパンガスの生産量が増えました。今回は、このプロパンガスを利用します。

まずは、直接は関係ないですが、それぞれの資材の生産量が全体的に増えたことにより基地北部で銅板が足りなくなってきました。これを解消するために、余っている生産ラインから銅板を持っていくことにしました。基地中央部で銅板を生産してこれを東、北、西に送っています。ちょうど今は東の方に向かう銅板が余っていますので、ここから北へ持っていくことにしました。上の画像の赤丸で囲んだところで北に持っていきます。インサータは高速インサータを2個利用します。そして、2個の搬送ベルトを上の画像のように合流させることで1本の搬送ベルトの両側のラインに銅板を載せることができます。これで銅板の問題は解決しました。

次にプロパンガスです。下の画像のとおりに右下から右上にプロパンガスのラインを伸ばします。
f:id:NiagaraPudding:20170503222039j:plain
そして、すでに2個ある原油精製所の上側にある原油精製所と合流させます。別のものと混じらないように、原油精製所から出てくるプロパンガスと合流させるのが大切です。
f:id:NiagaraPudding:20170503222035j:plain
そして、すでにある硫黄の生産施設に繋がっていることを確認します。
f:id:NiagaraPudding:20170503222046j:plain
硫黄は余っています。そこで、硫黄を材料にして作られる硫酸の出力を、今までは1個だったところを2個にしました。
f:id:NiagaraPudding:20170503222036j:plain
そして、新たな硫酸を材料にして電池を作るように化学プラントをもう一つ置きました。
f:id:NiagaraPudding:20170503222040j:plain
これで電池の生産量が増えるでしょう。

さて、発展基板がたりなくていろいろ作るのに手間取っています。そこで、発展基板が余り始めたらチェストに保存するようにしました。
f:id:NiagaraPudding:20170503222050j:plain
しばらく様子を見たのですが、発展基板が足りなくてチェストに保存されないです。何かがおかしいと思い、あちこち確認したところ高速搬送ベルトに繋がっている地下搬送ベルトが通常の速度になっていました。
f:id:NiagaraPudding:20170503222043j:plain
そこで、さっそく高速の地下搬送ベルトにしました。

さらに、電子基板の生産量を増やすことにしました。下の画像は変更前です。
f:id:NiagaraPudding:20170503222042j:plain
これを下の画像のようにインサータを高速インサータに変えてみました。
f:id:NiagaraPudding:20170503222038j:plain
ロングアームインサータと違って高速インサータは隣の搬送ベルトからだけアイテムを移動できます。そのため、ロングアームインサータを使わなくなったので、搬送ベルトの位置も少しずらしました。上の画像の左の搬送ベルトに鉄板が流れてきていません。まだ、何か問題があるようです。

広告を非表示にする